気になる、光脱毛の仕組み

女性なら誰もが悩む、足や腕、脇などのムダ毛。

ムダ毛の毎日のお手入れは時間もかかり、
何かと面倒なことも多く、永久脱毛に興味のある女性は多いと思います。

そこで、脱毛の種類の1つである光脱毛の仕組みについて、
ご説明したいと思います。

光脱毛とは、その名の通り
脱毛したい部分に光を当てることで
ムダ毛を処理する脱毛方法の1つです。

この光はメラニンに吸収されやすい波長を中心とした光で構成されています。

なぜこのような光を使用するかというと、
毛が成長する成長期の毛の毛根にはメラニンが密集しています。

そのメラニンに吸収されやすい波長を中心とした光を照射することで、
毛根や毛包という毛が生えてくる組織を破壊しようというものです。
毛根の周辺に密集したメラニンに吸収された光は、
熱エネルギーへと変わり、そのエネルギーが毛根や毛包などの細胞を破壊し、
ムダ毛の処理を行うのと同時に、毛が再生してくるのを抑制してくれます。

この光脱毛で使う光は皮膚を通して、皮膚の中のメラニンや毛根だけに吸収されるので、
皮膚にヤケドを起こすこと無く、毛だけに集中して処理してくれるので、
お肌へのトラブルの心配もありません。

ただし、その光の出力の加減には人それぞれの加減がありますので、
病院やサロンなどで行う場合は、
しっかりとチェックをしてもらってから脱毛をしてくれる所を探すのも大事です。

しっかりとした脱毛を行なってくれる所を探す事で、
トラブルも防げますし、憧れのつるつるの肌を手に入れることができ、
面倒な無駄毛の処理から開放されます。