光脱毛は毛周期に合わせて施術を繰り返します

肌を露出する季節が近づくと、脱毛のためにエステサロンやクリニックに通う女性が増えてきます。現在行われている脱毛処理の主流は、エステサロンでもクリニックでも光脱毛になっています。痛みがほとんどなく、施術時間が非常に短いのが好まれている理由です。

エステサロンでは、IPLという広範囲に照射するプラズマ式の光を使用し、クリニックでは単一方向に照射するレーザーの光を使用しています。特に、クリニックで使用されているレーザーは医療レーザーと呼ばれており、光の出力が強力なことから、効果が高くなっています。光脱毛の原理は、光が毛に含まれるメラニン色素に反応して熱を出すことによって、毛根に打撃を与えます。

しかしながら、どんなに強力な光を使用したとしても、1回の施術で脱毛の効果を得ることはできません。それは、毛には毛周期というものがあり、毛が生える発毛期・太く長くなる成長期・自然に抜ける休止期というサイクルを繰り返しているからです。

そのため、1回の施術で脱毛の処理ができるのは成長期にある毛だけで、メラニン色素の無い休止期にある毛には効果がありません。従って、毛が成長する毛周期に合わせて施術を繰り返す必要があり、通常は、3~5回の施術が必要になります。

また、毛周期は部位によって期間が違っており、例えば脇の毛は成長期・休止期がそれぞれ3~5カ月、脚は成長期・休止期とも4~6カ月になっています。

ちなみに、メラニン色素の薄い産毛や白髪に対しても、効果が薄くなります。